材料工学科Ene-1チーム2020 始動

 黒田大介教授がリーダーを務める「材料工学科Ene-1チーム2020」が始動しました。昨年を超える高性能なマシンをつくり上げるべく、4年生を中心とした新チームが結成されました。

 乾電池40本で限りなく速く、どこまでも遠くへ。その挑戦は続きます。

 この活動は、公益財団東京応化科学技術振興財団の助成金交付(第15回科学教育の普及.啓発助成:「持続可能な都市と低炭素社会の実現を担う青少年の育成 ―伊勢型紙とモータースポーツを融合した科学教育の実践―」)により遂行されているものです。