2020年11月7日(土)黒田教授がすずか市民アカデミー
「まなベル」にて講演

 鈴鹿市主催のすずか市民アカデミー「まなベル」にて、材料工学科の黒田大介教授が『鈴鹿と世界最先端技術~人工衛星への貢献~』という題目で講演しました。はやぶさ2などの探査機や人工衛星を例として宇宙機の種類や構成要素、JAXAによるスペースデブリの回収などの話題から発展させ、鈴鹿高専で取り組んでいる耐久性評価が人工衛星の信頼性向上にどのように貢献しているのかについて解説しました。

 黒田教授の教育・研究活動についても、ぜひご覧ください。