材料工学科の目標

 材料工学に関する理論と知識(材料の物理と化学、材料の構造・設計・物性・機能、製造プロセス等)及び豊富な実験技術を習得させるとともに、それらを応用して材料に関連する諸問題を解決できる創造性を養う。

ディプロマ・ポリシー
 材料工学科では,鈴鹿高専の教育目標のもと,以下の知識および能力を身につけ,所定の単位を修得した学生に対して卒業を認定します。
  1. 人文社会の基礎知識と幅広い教養
  2. 英語によるコミュニケーションの基礎能力
  3. 材料工学の基礎としての,数学,自然科学および情報技術の知識
  4. 材料工学の専門としての,金属材料,無機材料,有機材料の知識
  5. 材料の理解に必要な材料物性と物理化学の知識
  6. 材料の理解に必要な分析・評価の知識
  7. ものづくりのための,設計・製図,加工の知識
  8. 実験や実習を通じて,材料の合成・評価の技術,および他者と協働しながら課題を解決し,その内容を文章や発表によって表現できる能力
  9. 材料工学分野を主とした幅広い知識と技術を活用して論理的に思考し,課題を解決できる能力
  10. 技術者としての倫理観と公正な態度
カリキュラム・ポリシー
 材料工学科では,ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を育成するために,早い段階から専門教育を学修する以下のカリキュラム・ポリシーを定め,教育課程系統図に示しています。

 材料工学を理解する幅広い知識を養うために,5年一貫の教養教育および実践的工学教育を様々な科目からなるカリキュラムによって効果的に行い,創造性豊かな技術者として将来活躍するための知識と技術,課題探求・問題解決能力などの総合的判断力,コミュニケーション能力や国際性,技術者としての倫理観を身につけた人材の育成を行います。

 一般科目として人文社会(国語,政治・経済),英語,数学,自然科学(物理,化学),情報処理の基礎教育を行っています。

 材料の設計や開発を行う技術者となるために必要な基盤となる金属材料系(金属材料学,鉄鋼材料学),無機材料系(無機化学,分析化学),有機材料系(有機化学,高分子化学),材料物性系(材料組織学,結晶解析学),物理化学系(物理化学,量子力学)といった材料工学の専門知識を身につけるカリキュラムを構築しています。また,分析・評価系(材料評価学,材料力学)およびものづくりのための設計・製図,加工系(設計製図,機械工作法),ならびに習得した知識と技術を活用する課題解決型科目(ものづくり実習,創造工学,卒業研究)を体系的に配置することで,次世代を担う技術者に必要な能力,倫理観と公正な態度を身につけられるようにします。

 上記カリキュラムを構成している各科目は、それぞれのシラバスに記載されている評価方法に沿って評価した結果が60点以上となることによって単位を認定します。