「高専パワーで新素材開発」日刊工業新聞(7月31日)

日刊工業新聞にて、本校を拠点に、協力校4校、連携校9校が連携する産学協働研究チーム(K-Team)が開設されたことについての記事が掲載されました。

フォト広報 「7月22日  GEAR5.0 「未来技術の社会実装教育の高度化」プロジェクトに採択に伴う記者発表会」

関連記事

  1. 大分高専尾形教授が外国人研究者招へい事業に採用されました 〜6月…
  2. 「脱炭素化向け共同研究 鈴鹿高専と万古焼「華月」」伊勢新聞(3月…
  3. 鈴鹿高専 板谷准教授が、「高専ワイヤレスIoTコンテストス」に採…
  4. 大分高専が「水素分離システム研究」に関するテレビ取材がありました…
  5. 「燃料電池の開発に弾み 鶴岡高専森永研究室NEDOの事業採択受け…
  6. K-Teamでの研究活動に参加している鈴鹿高専の学生が鈴鹿市との…
  7. 「全国の高専をまとめた仮想研究所?「GEAR5.0」プロジェクト…
  8. 鉄鋼協会フォーラム主催 2022年度第1回「スラグ新用途開発のた…
PAGE TOP