鈴鹿高専 兼松秀行特命教授がInternational Surface Finishing Exhibition(ProSF 2021)において、講演を行いました。

鈴鹿高専 兼松特命教授(GEAR5.0マテリアルユニットリーダー)が、7月7日に中国上海でハイブリッド開催された「International Surface Finishing Exhibition(ProSF 2021)」において、「Biofilms on materials’ surfaces and its evaluation”(材料表面におけるバイオフィルムとその評価)」と題して、オンラインにおける招待講演を行いました。

2021国际表面工程(上海)展览会 (pro-sf.com)

関連記事

  1. 兼松教授が第8回SUMS-NITS医工連携研究会にて講演
  2. 鈴鹿高専で新たに「MonotaRO 品質評価研究室」がスタートし…
  3. 2021年 高専GEAR5.0 研究ネットワーク共催講演会「高専…
  4. 【大分高専】地元企業と共同で「次世代パワーデバイス」の開発研究を…
  5. GEAR5.0人材育成授業による呉高専専攻科生のインターンシップ…
  6. 鈴鹿高専兼松特命教授との共同研究者であるDana M.Barry…
  7. 鈴鹿高専 兼松特命教授が取組む「ウイルス感染を防ぐ新しい材料開発…
  8. 「抗菌・抗ウイルス・抗バイオフィルム材料開発セミナー」を開催しま…
PAGE TOP