鈴鹿高専 兼松秀行特命教授が日本溶射学会2021年度春季全国講演大会において、基調講演を行いました。

鈴鹿高専 兼松特命教授(GEAR5.0マテリアルユニットリーダー)が、6月17日に開催された「日本溶射学会2021年度春季全国講演大会」において、「材料表面の特性としての感染性(抗菌性、抗ウイルス性、抗バイオフィルム性)評価とその意義」と題した基調講演を行いました。

http://www.jtss.or.jp/event-jtss/113program.pdf

関連記事

  1. 植田特命助教(小山高専)の研究テーマが栃木県産業振興センター公募…
  2. 小山高専の加藤岳仁准教授が研究支援事業に採択されました
  3. 【ライブ配信セミナー】抗菌・抗ウイルス・抗バイオフィルム材料の基…
  4. 鈴鹿工業高等専門学校兼松教授の研究シーズが経済産業省のYouTu…
  5. 広瀬大分県知事の著書で大分高専の水素研究が紹介されました。
  6. 鈴鹿高専 兼松特命教授が取組む「ウイルス感染を防ぐ新しい材料開発…
  7. 大分高専が「水素分離システム研究」に関するテレビ取材がありました…
  8. 令和3年度 第二回新素材セミナーを開催します
PAGE TOP