鈴鹿高専 兼松秀行特命教授が日本溶射学会2021年度春季全国講演大会において、基調講演を行いました。

鈴鹿高専 兼松特命教授(GEAR5.0マテリアルユニットリーダー)が、6月17日に開催された「日本溶射学会2021年度春季全国講演大会」において、「材料表面の特性としての感染性(抗菌性、抗ウイルス性、抗バイオフィルム性)評価とその意義」と題した基調講演を行いました。

http://www.jtss.or.jp/event-jtss/113program.pdf

関連記事

  1. GEAR5.0人材育成事業による呉高専専攻科生のインターンシップ…
  2. 小山高専の加藤岳仁教授が萩生田文部科学大臣と対談
  3. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授が「AM&P(Advance…
  4. 鈴鹿高専の橋本講師がJST主催のイノベーション・ジャパン大学見本…
  5. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授がInternational Surf…
  6. 抗菌,抗ウイルス,抗バイオフィルム材料開発セミナー を開催します…
  7. 奈良高専が先端研究設備整備補助事業に採択されました
  8. 鈴鹿高専 板谷准教授が、「高専ワイヤレスIoTコンテストス」に採…
PAGE TOP