広瀬大分県知事の著書で大分高専の水素研究が紹介されました。

広瀬勝貞大分県知事の政策を紹介する著書「ポストコロナへ 大分県の挑戦」が令和3年度講演シリーズとして発刊され、大分高専の松本教授が開発した「水素透過金属膜」をキーテクノロジーとして、株式会社ハイドロネクストと共同で取り組んでいることが同書で紹介されました。

http://www.oita-ct.ac.jp/blog/2021/07/27/20210727_oita-pref3263/

関連記事

  1. 鈴鹿高専専攻科生が国際会議「5th STI-Gigaku 202…
  2. 鈴鹿高専で新たに「MonotaRO 品質評価研究室」がスタートし…
  3. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授が共同開発によりバイオフィルムリアクタ…
  4. 鈴鹿高専 兼松特命教授が取組む「ウイルス感染を防ぐ新しい材料開発…
  5. 大分高専が「水素分離システム研究」に関するテレビ取材がありました…
  6. MDPI Materials Special Issue …
  7. 鈴鹿高専で新たに「AVEX未来創造研究室」がスタートしました
  8. 大分高専 常安助教が「一般社団法人日本写真学会2021年度論文賞…
PAGE TOP