鈴鹿高専 兼松特命教授が取組む「ウイルス感染を防ぐ新しい材料開発」に関する記事が掲載されました

製品のウイルス感染力新評価法を使って新材料開発によるウイルス撃退の可能性に光!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000075419.html

https://newsrelea.se/GK0xql

関連記事

  1. 鈴鹿高専卒業生のラマン分光分析に関する論文が掲載、現在も大学院で…
  2. 令和3年第2回「化学的または生物学的処理によるスラグの機能変化と…
  3. K-Teamでの研究活動に参加している鈴鹿高専の学生が鈴鹿市との…
  4. 「全国の高専をまとめた仮想研究所?「GEAR5.0」プロジェクト…
  5. 株式会社タイコーと国立鈴鹿工業高等専門学校、マンション排水管にお…
  6. 鈴鹿工業高等専門学校兼松教授の研究シーズが経済産業省のYouTu…
  7. 小山高専の加藤岳仁准教授が研究支援事業に採択されました
  8. 鈴鹿高専にて新素材キャンプ開催
PAGE TOP