鈴鹿高専 兼松特命教授が取組む「ウイルス感染を防ぐ新しい材料開発」に関する記事が掲載されました

製品のウイルス感染力新評価法を使って新材料開発によるウイルス撃退の可能性に光!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000075419.html

https://newsrelea.se/GK0xql

関連記事

  1. 鶴岡高専の専攻科卒業生との共同研究で論文発表しました
  2. 鈴鹿高専専攻科生が学会にて奨学賞を受賞
  3. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授が「AM&P(Advance…
  4. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授がアメリカ材料学会からフェローの称号を…
  5. 兼松秀行特命教授がバイオフィルム制御に関する総説を発表しました。…
  6. 大分高専が株式会社九州エアーテックに展示用可視化サイクロンを納品…
  7. NEDO若サポ事業採択 呉高専オープンラボメンバーと研究開始
  8. 新素材キャンプを開始しました
PAGE TOP