鈴鹿高専幸後健講師の銀イオンコーティングによる材料表面上におけるバイオフィルム形成の検出に関する研究が学術誌coatings(MDPI出版)に掲載されました

鈴鹿高専材料工学科 幸後健講師の銀イオンコーティングによる材料表面上におけるバイオフィルム形成の検出に関する研究が学術誌coatings(MDPI出版)に掲載されました。

本研究は日本鉄鋼協会の支援を受けて行われたものです。

Coatings | Free Full-Text | Detection of Biofilm Formation on Material Surfaces by Ag+ Coating (mdpi.com)

関連記事

  1. 「スラグ新用途開発のための機能とその関連する 材料分析技術の開発…
  2. NEDO若サポ事業採択 呉高専オープンラボメンバーと研究開始
  3. 「高精度な制御装置の開発へ 」伊勢新聞(6月18日)
  4. 「燃料電池の開発に弾み 鶴岡高専森永研究室NEDOの事業採択受け…
  5. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授がアメリカ材料学会からフェローの称号を…
  6. K-Teamでの研究活動に参加している鈴鹿高専の学生が鈴鹿市との…
  7. 「鈴鹿高専に産学官の共同研究推進センター 土鍋製造の企業と既に研…
  8. 「協働研究所 ダ・ヴィンチ i Lab.」鈴亀ホームニュース(7…
PAGE TOP