K-Teamでの研究活動に参加している鈴鹿高専の学生が鈴鹿市との意見交換会に参加しました。

 7月6日(水)、鈴鹿高専の学生6名と鈴鹿市総合政策課との次期鈴鹿市総合計画に関する意見交換会を実施いたしました。本取組みは、鈴鹿市が次期総合計画の策定に際して、広く市民の意見を取り入れることを目的としており、市内の教育機関を対象に行う意見交換会の一環として行われました。

 参加した学生はK-Teamにおいて企業との研究活動に熱心に取り組んでおり、鈴鹿市の将来を担う世代を代表して様々な提案を行いました。

関連記事

  1. NEDO若サポ事業採択 呉高専オープンラボメンバーと研究開始
  2. 「鈴鹿高専・小山高専・大分高専が産学共同研究チームを新設」PR …
  3. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授がアメリカ材料学会からフェローの称号を…
  4. 兼松秀行特命教授がバイオフィルム制御に関する総説を発表しました。…
  5. 「『光機械製作所』と協働」中日新聞(6月18日)
  6. 新素材キャンプを開始しました
  7. 鈴鹿高専の専攻科生が実験室用のバイオフィルムリアクターを開発し論…
  8. 鈴鹿高専兼松特命教授が新型コロナ対策に関する研究を本にまとめて発…
PAGE TOP