K-Teamでの研究活動に参加している鈴鹿高専の学生が鈴鹿市との意見交換会に参加しました。

 7月6日(水)、鈴鹿高専の学生6名と鈴鹿市総合政策課との次期鈴鹿市総合計画に関する意見交換会を実施いたしました。本取組みは、鈴鹿市が次期総合計画の策定に際して、広く市民の意見を取り入れることを目的としており、市内の教育機関を対象に行う意見交換会の一環として行われました。

 参加した学生はK-Teamにおいて企業との研究活動に熱心に取り組んでおり、鈴鹿市の将来を担う世代を代表して様々な提案を行いました。

関連記事

  1. GEAR5.0マテリアルユニットサブリーダーである呉高専の江口准…
  2. 大分高専 常安講師が高柳健次郎財団「研究奨励賞」受賞者に選定され…
  3. 鈴鹿高専で新たに「AVEX未来創造研究室」がスタートしました
  4. 「鈴鹿高専・小山高専・大分高専が産学共同研究チームを新設」PR …
  5. 「鈴鹿高専に産学官の共同研究推進センター 土鍋製造の企業と既に研…
  6. 抗菌,抗ウイルス,抗バイオフィルム材料開発セミナー を開催します…
  7. 鈴鹿高専卒業生のラマン分光分析に関する論文が掲載、現在も大学院で…
  8. 大分高専尾形教授が外国人研究者招へい事業に採用されました 〜6月…
PAGE TOP