兼松秀行特命教授がバイオフィルム制御に関する総説を発表しました。

鈴鹿高専のGEAR5.0マテリアルのユニットリーダー兼松秀行特命教授はバイオフィルム制御に関する総説を公表しました。本総説は、マテリアル分野、特にバイオフィルムの研究で活躍する研究者の手引書となる、長年鈴鹿高専で培った重要な技術を世界に発信したものです。

鈴鹿高専GEAR5.0マテリアルユニットリーダー兼松秀行特命教授がバイオフィルム制御に関する総説を発表|独立行政法人国立高等専門学校機構のプレスリリース (prtimes.jp)

関連記事

  1. NEDO若サポ事業採択 呉高専オープンラボメンバーと研究開始
  2. 鶴岡高専の専攻科卒業生との共同研究で論文発表しました
  3. 鈴鹿高専 兼松特命教授が取組む「ウイルス感染を防ぐ新しい材料開発…
  4. 鈴鹿高専 板谷准教授が、「高専ワイヤレスIoTコンテストス」に採…
  5. 鈴鹿高専生の特別研究・卒業研究が『Sensors』誌に掲載されま…
  6. 「高精度な制御装置の開発へ 」伊勢新聞(6月18日)
  7. 小山高専加藤岳仁教授の太陽光発電する塗料の実用化が日本経済新聞に…
  8. 鈴鹿高専生の卒業研究がイギリス材料表面処理学会の論文誌に掲載され…
PAGE TOP