兼松秀行特命教授がバイオフィルム制御に関する総説を発表しました。

鈴鹿高専のGEAR5.0マテリアルのユニットリーダー兼松秀行特命教授はバイオフィルム制御に関する総説を公表しました。本総説は、マテリアル分野、特にバイオフィルムの研究で活躍する研究者の手引書となる、長年鈴鹿高専で培った重要な技術を世界に発信したものです。

鈴鹿高専GEAR5.0マテリアルユニットリーダー兼松秀行特命教授がバイオフィルム制御に関する総説を発表|独立行政法人国立高等専門学校機構のプレスリリース (prtimes.jp)

関連記事

  1. 鈴鹿高専の専攻科生が実験室用のバイオフィルムリアクターを開発し論…
  2. 2023高専アイデアソンin鈴鹿高専を開催しました
  3. 兼松特命教授(鈴鹿高専)が「高専教員顕彰文部科学大臣賞」を受賞し…
  4. 大分高専専攻科生のエレクトロクロミックデバイスに関する研究成果が…
  5. 「全国14高専が連携し、研究開発 」伊勢新聞(7月23日)
  6. 「鈴鹿高専に産学官の共同研究推進センター 土鍋製造の企業と既に研…
  7. 鈴鹿高専生の特別研究・卒業研究が『Sensors』誌に掲載されま…
  8. 「全国の高専をまとめた仮想研究所?「GEAR5.0」プロジェクト…
PAGE TOP