GEAR5.0微細加工キャンプを呉高専で実施

8月29日~30日に呉高専にて「微細加工キャンプ」を行いました。

GEAR5.0マテリアル協力校の大分高専上野崇寿准教授と学生2名を招き、共同開発中の金属メッシュシートを試作しました。今回が初の試みである本キャンプは、事前の安全講習を経てCAD設計からデバイス作製に至る一連の過程を、本校クリーンルームと微細加工技術を駆使して呉高専生が大分高専の学生に指導するものです。

指導する呉高専生は、先日鈴鹿高専で開催されたインターンシップや新素材キャンプに参加し、高度な機材の使用方法をマスターしました。今回の微細加工キャンプで指導することにより、自らのスキルの再確認と指導力を鍛える新たな経験を積みました。

参加学生は、蒸着装置やマスクレス露光装置を使用し、銅パターニングや、電気めっきによる厚膜形成などを実習しました。 今後はこの成果を活かし、更に高専間の連携強化とスキルの向上を目指します。

関連記事

  1. 「GEAR5.0高専の強み どう結集」中日新聞(5月3日)
  2. 鈴鹿高専の専攻科生が実験室用のバイオフィルムリアクターを開発し論…
  3. 鈴鹿高専生の卒業研究がイギリス材料表面処理学会の論文誌に掲載され…
  4. 鈴鹿高専 板谷准教授が、「高専ワイヤレスIoTコンテストス」に採…
  5. 兼松秀行特命教授がバイオフィルム制御に関する総説を発表しました。…
  6. 大分高専が株式会社九州エアーテックに展示用可視化サイクロンを納品…
  7. 「大分工業高等専門学校ハイドロネクスト水素協働研究室銘板除幕式を…
  8. 「抗菌・抗ウイルス・抗バイオフィルム材料開発セミナー」を開催しま…
PAGE TOP