鈴鹿高専生の特別研究・卒業研究が『Sensors』誌に掲載されました

 鈴鹿高専の元専攻科中川遼一さんと元材料工学科斎藤開さんがそれぞれの特別研究及び卒業研究において兼松秀行特命教授の指導の下、「ぬめり」として知られるバイオフィルムの検出に二重層のグラフェン膜が有効であることを発見し、学術雑誌Sensors(出版社MDPI)に掲載されました。

鈴鹿高専生の特別研究・卒業研究が『Sensors』誌に掲載|独立行政法人国立高等専門学校機構のプレスリリース (prtimes.jp)

関連記事

  1. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授がアメリカ材料学会からフェローの称号を…
  2. 鈴鹿高専の専攻科生が実験室用のバイオフィルムリアクターを開発し論…
  3. 鈴鹿高専 板谷准教授が、「高専ワイヤレスIoTコンテストス」に採…
  4. 「GEAR5.0高専の強み どう結集」中日新聞(5月3日)
  5. 「燃料電池の開発に弾み 鶴岡高専森永研究室NEDOの事業採択受け…
  6. 小山高専加藤岳仁教授の太陽光発電する塗料の実用化が日本経済新聞に…
  7. 鈴鹿高専 兼松特命教授が取組む「ウイルス感染を防ぐ新しい材料開発…
  8. 「スラグ新用途開発のための機能とその関連する 材料分析技術の開発…
PAGE TOP