鈴鹿高専生の特別研究・卒業研究が『Sensors』誌に掲載されました

 鈴鹿高専の元専攻科中川遼一さんと元材料工学科斎藤開さんがそれぞれの特別研究及び卒業研究において兼松秀行特命教授の指導の下、「ぬめり」として知られるバイオフィルムの検出に二重層のグラフェン膜が有効であることを発見し、学術雑誌Sensors(出版社MDPI)に掲載されました。

鈴鹿高専生の特別研究・卒業研究が『Sensors』誌に掲載|独立行政法人国立高等専門学校機構のプレスリリース (prtimes.jp)

関連記事

  1. 大分高専 常安助教が「一般社団法人日本写真学会2021年度論文賞…
  2. 鈴鹿高専兼松特命教授が新型コロナ対策に関する研究を本にまとめて発…
  3. 鈴鹿高専 兼松特命教授が取組む「ウイルス感染を防ぐ新しい材料開発…
  4. 「『光機械製作所』と協働」中日新聞(6月18日)
  5. 「ウイルスをシャットアウト 「イオンブラシ」でコーティング」荘内…
  6. 鉄鋼協会フォーラム主催 2022年度第1回「スラグ新用途開発のた…
  7. 鈴鹿高専兼松特命教授との共同研究者であるロヨラメリーモント大学の…
  8. NEDO若サポ事業採択 呉高専オープンラボメンバーと研究開始
PAGE TOP