NEDO若サポ事業採択 呉高専オープンラボメンバーと研究開始

担当:電気情報工学科 江口研究室

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の官民による若手研究者発掘支援(若サポ)事業に、当研究室で推進する「誘電泳動とマイクロ流路との新複合分離技術と電気特性計測による細胞性質の解明」が採択され、10月より研究を開始します。

採択テーマ概要

本採択テーマでは、生体細胞や微生物などの電気的特性を細胞1個レベルで測定し、AIによる細胞自動判別システムを開発します。

 また、GEAR5.0マテリアルユニットで開設した「Nano-Bioelectronicsオープンラボ」メンバーの協力のもと更なる付加価値の向上を目指します。

オープンラボ若手教員ミーティングの様子

Nano-Bioelectronicsオープンラボ
呉高専、大分高専、久留米高専のナノテク、バイオテクノロジー、エレクトロニクス、AIなどを専門とする若手教員や関連学生が参加し、共同で研究を推進しております。

関連記事

  1. 鈴鹿高専 板谷准教授が、「高専ワイヤレスIoTコンテストス」に採…
  2. 「高専パワーで新素材開発」日刊工業新聞(7月31日)
  3. GEAR5.0マテリアル 佐世保高専―大分高専の研究交流活動を実…
  4. 「脱炭素化向け共同研究 鈴鹿高専と万古焼「華月」」伊勢新聞(3月…
  5. 「協働研究所 ダ・ヴィンチ i Lab.」鈴亀ホームニュース(7…
  6. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授がアメリカ材料学会からフェローの称号を…
  7. 米国Clarkson大学教授のDana M. Barry博士が高…
  8. 「GEAR5.0高専の強み どう結集」中日新聞(5月3日)
PAGE TOP