NEDO若サポ事業採択 呉高専オープンラボメンバーと研究開始

担当:電気情報工学科 江口研究室

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の官民による若手研究者発掘支援(若サポ)事業に、当研究室で推進する「誘電泳動とマイクロ流路との新複合分離技術と電気特性計測による細胞性質の解明」が採択され、10月より研究を開始します。

採択テーマ概要

本採択テーマでは、生体細胞や微生物などの電気的特性を細胞1個レベルで測定し、AIによる細胞自動判別システムを開発します。

 また、GEAR5.0マテリアルユニットで開設した「Nano-Bioelectronicsオープンラボ」メンバーの協力のもと更なる付加価値の向上を目指します。

オープンラボ若手教員ミーティングの様子

Nano-Bioelectronicsオープンラボ
呉高専、大分高専、久留米高専のナノテク、バイオテクノロジー、エレクトロニクス、AIなどを専門とする若手教員や関連学生が参加し、共同で研究を推進しております。

関連記事

  1. 小山高専加藤岳仁教授の太陽光発電する塗料の実用化が日本経済新聞に…
  2. 大分高専尾形教授が外国人研究者招へい事業に採用されました 〜6月…
  3. 鈴鹿高専 兼松特命教授が取組む「ウイルス感染を防ぐ新しい材料開発…
  4. 「燃料電池の開発に弾み 鶴岡高専森永研究室NEDOの事業採択受け…
  5. 「ウイルスをシャットアウト 「イオンブラシ」でコーティング」荘内…
  6. 鈴鹿高専幸後健講師の銀イオンコーティングによる材料表面上における…
  7. 鈴鹿高専兼松特命教授が新型コロナ対策に関する研究を本にまとめて発…
  8. 「『光機械製作所』と協働」中日新聞(6月18日)
PAGE TOP