鈴鹿高専の専攻科生が実験室用のバイオフィルムリアクターを開発し論文発表しました。

鈴鹿高専の専攻科を卒業された百済彦成さんが兼松秀行教授の指導の下で行った特別研究の成果を学術誌Materials(出版社MDPI)に発表・掲載されました。

【鈴鹿高専】専攻科生が実験室用のバイオフィルムリアクターを開発、論文発表|独立行政法人国立高等専門学校機構のプレスリリース (prtimes.jp)

関連記事

  1. 兼松特命教授(鈴鹿高専)が「高専教員顕彰文部科学大臣賞」を受賞し…
  2. 小山高専加藤岳仁教授の太陽光発電する塗料の実用化が日本経済新聞に…
  3. 「高精度な制御装置の開発へ 」伊勢新聞(6月18日)
  4. 大分高専が株式会社九州エアーテックに展示用可視化サイクロンを納品…
  5. 専攻科生の電子ペーパーに関する研究成果が日本写真学会誌に筆頭論文…
  6. 小山高専の加藤岳仁教授が萩生田文部科学大臣と対談
  7. 鈴鹿高専で新たに「MonotaRO 品質評価研究室」がスタートし…
  8. 大分高専が「水素分離システム研究」に関するテレビ取材がありました…
PAGE TOP