鈴鹿高専の専攻科生が実験室用のバイオフィルムリアクターを開発し論文発表しました。

鈴鹿高専の専攻科を卒業された百済彦成さんが兼松秀行教授の指導の下で行った特別研究の成果を学術誌Materials(出版社MDPI)に発表・掲載されました。

【鈴鹿高専】専攻科生が実験室用のバイオフィルムリアクターを開発、論文発表|独立行政法人国立高等専門学校機構のプレスリリース (prtimes.jp)

関連記事

  1. 鈴鹿高専で新たに「MonotaRO 品質評価研究室」がスタートし…
  2. 兼松秀行特命教授がバイオフィルム制御に関する総説を発表しました。…
  3. 2023高専アイデアソンin鈴鹿高専を開催しました
  4. 【大分高専】地元企業と共同で「次世代パワーデバイス」の開発研究を…
  5. 大分高専5年生安部紳一郎さんが「優秀ポスター賞」と「優秀編集委員…
  6. 鉄鋼協会フォーラム主催 2022年度第1回「スラグ新用途開発のた…
  7. ローカル5G普及推進官民連絡会でGEARマテリアルの事業が紹介さ…
  8. GEAR5.0マテリアル 佐世保高専―大分高専の研究交流活動を実…
PAGE TOP