「ウイルスをシャットアウト 「イオンブラシ」でコーティング」荘内日報(1月9日)

鶴岡工業高等専門学校 創造工学科の上條利夫教授を中心とする研究グループが、「イオンブラシ」を使ってウイルスを不活化するコーティング技術の開発研究で、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の事業採択を受けました。(荘内日報 1月9日掲載)

2021年1月9日付け紙面より|荘内日報ニュース−山形・庄内|荘内日報社 (shonai-nippo.co.jp)

関連記事

  1. 「高専パワーで新素材開発」日刊工業新聞(7月31日)
  2. 「鈴鹿高専内に協働研究室」日刊工業新聞(6月18日)
  3. 「大分高専と地元新興企業水素精製技術の研究室社会実装めざし連携」…
  4. 「鈴鹿高専に産学官の共同研究推進センター 土鍋製造の企業と既に研…
  5. 「高精度な制御装置の開発へ 」伊勢新聞(6月18日)
  6. 「鈴鹿高専が共同研究室開設」朝日新聞(6月18日)
  7. 「大分工業高等専門学校ハイドロネクスト水素協働研究室銘板除幕式を…
  8. 「燃料電池の開発に弾み 鶴岡高専森永研究室NEDOの事業採択受け…
PAGE TOP