「ウイルスをシャットアウト 「イオンブラシ」でコーティング」荘内日報(1月9日)

鶴岡工業高等専門学校 創造工学科の上條利夫教授を中心とする研究グループが、「イオンブラシ」を使ってウイルスを不活化するコーティング技術の開発研究で、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の事業採択を受けました。(荘内日報 1月9日掲載)

2021年1月9日付け紙面より|荘内日報ニュース−山形・庄内|荘内日報社 (shonai-nippo.co.jp)

関連記事

  1. 大分高専5年生安部紳一郎さんが「優秀ポスター賞」と「優秀編集委員…
  2. 大分高専 常安助教が「一般社団法人日本写真学会2021年度論文賞…
  3. 「スラグ新用途開発のための機能とその関連する 材料分析技術の開発…
  4. 「全国の高専をまとめた仮想研究所?「GEAR5.0」プロジェクト…
  5. 【鈴鹿高専】専攻科卒業生のバイオフィルム抑制に関する論文が掲載、…
  6. 「抗菌・抗ウイルス・抗バイオフィルム材料開発セミナー」を開催しま…
  7. 鈴鹿高専卒業生のラマン分光分析に関する論文が掲載、現在も大学院で…
  8. ローカル5G普及推進官民連絡会でGEARマテリアルの事業が紹介さ…
PAGE TOP