「燃料電池の開発に弾み 鶴岡高専森永研究室NEDOの事業採択受ける」荘内日報(12月17日)

鶴岡工業高等専門学校の森永教授が燃料電池の性能を向上させる研究開発に関し、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術開発事業の採択を受けました。(荘内日報 12月17日掲載)

関連記事

  1. 「スラグ新用途開発のための機能とその関連する 材料分析技術の開発…
  2. 「ウイルスをシャットアウト 「イオンブラシ」でコーティング」荘内…
  3. ローカル5G普及推進官民連絡会でGEARマテリアルの事業が紹介さ…
  4. 大分高専 常安講師が高柳健次郎財団「研究奨励賞」受賞者に選定され…
  5. 鈴鹿高専兼松特命教授が新型コロナ対策に関する研究を本にまとめて発…
  6. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授がアメリカ材料学会からフェローの称号を…
  7. GEAR5.0マテリアルユニットサブリーダーである呉高専の江口准…
  8. 鈴鹿高専にて新素材キャンプ開催
PAGE TOP