「燃料電池の開発に弾み 鶴岡高専森永研究室NEDOの事業採択受ける」荘内日報(12月17日)

鶴岡工業高等専門学校の森永教授が燃料電池の性能を向上させる研究開発に関し、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術開発事業の採択を受けました。(荘内日報 12月17日掲載)

関連記事

  1. 「高精度な制御装置の開発へ 」伊勢新聞(6月18日)
  2. 「高専が企業と協働研究室 」大分朝日放送(3月17日)
  3. 「鈴鹿高専内に協働研究室」日刊工業新聞(6月18日)
  4. 「全国の高専をまとめた仮想研究所?「GEAR5.0」プロジェクト…
  5. 「鈴鹿高専に産学官の共同研究推進センター 土鍋製造の企業と既に研…
  6. 「協働研究所 ダ・ヴィンチ i Lab.」鈴亀ホームニュース(7…
  7. 「全国14高専が連携し、研究開発 」伊勢新聞(7月23日)
  8. 「ウイルスをシャットアウト 「イオンブラシ」でコーティング」荘内…
PAGE TOP