「燃料電池の開発に弾み 鶴岡高専森永研究室NEDOの事業採択受ける」荘内日報(12月17日)

鶴岡工業高等専門学校の森永教授が燃料電池の性能を向上させる研究開発に関し、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術開発事業の採択を受けました。(荘内日報 12月17日掲載)

関連記事

  1. 「鈴鹿高専・小山高専・大分高専が産学共同研究チームを新設」PR …
  2. 大分高専 常安助教が「一般社団法人日本写真学会2021年度論文賞…
  3. 専攻科生の電子ペーパーに関する研究成果が日本写真学会誌に筆頭論文…
  4. 鈴鹿高専で新たに「AVEX未来創造研究室」がスタートしました
  5. 鈴鹿高専兼松特命教授が新型コロナ対策に関する研究を本にまとめて発…
  6. 兼松特命教授(鈴鹿高専)が「高専教員顕彰文部科学大臣賞」を受賞し…
  7. 新素材キャンプを開始しました
  8. 鈴鹿高専生の特別研究・卒業研究が『Sensors』誌に掲載されま…
PAGE TOP