兼松特命教授(鈴鹿高専)が「高専教員顕彰文部科学大臣賞」を受賞しました。

兼松特命教授(GEAR 5.0マテリアルユニットリーダー)が、昨年度の小山高専加藤教授(GEAR 5.0マテリアルユニットサブリーダー)に続いて、令和3年4月末に「高専教員顕彰文部科学大臣賞」を受賞しました。さらに、このことがアメリカ合衆国の代表的な国際材料学会 (ASM International)の会報に紹介されました。

https://static.asminternational.org/amp/202104/80/

関連記事

  1. K-Teamでの研究活動に参加している鈴鹿高専の学生が鈴鹿市との…
  2. 「高専パワーで新素材開発」日刊工業新聞(7月31日)
  3. 兼松秀行特命教授がバイオフィルム制御に関する総説を発表しました。…
  4. 「高精度な制御装置の開発へ 」伊勢新聞(6月18日)
  5. 「燃料電池の開発に弾み 鶴岡高専森永研究室NEDOの事業採択受け…
  6. 鈴鹿高専生の卒業研究がイギリス材料表面処理学会の論文誌に掲載され…
  7. 大分高専 常安助教が「一般社団法人日本写真学会2021年度論文賞…
  8. GEAR5.0微細加工キャンプを呉高専で実施
PAGE TOP