兼松特命教授(鈴鹿高専)が「高専教員顕彰文部科学大臣賞」を受賞しました。

兼松特命教授(GEAR 5.0マテリアルユニットリーダー)が、昨年度の小山高専加藤教授(GEAR 5.0マテリアルユニットサブリーダー)に続いて、令和3年4月末に「高専教員顕彰文部科学大臣賞」を受賞しました。さらに、このことがアメリカ合衆国の代表的な国際材料学会 (ASM International)の会報に紹介されました。

https://static.asminternational.org/amp/202104/80/

関連記事

  1. 鈴鹿高専専攻科生が国際会議「5th STI-Gigaku 202…
  2. 令和3年度 第二回新素材セミナーを開催します
  3. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授が「AM&P(Advance…
  4. 「大分高専と地元新興企業水素精製技術の研究室社会実装めざし連携」…
  5. 令和3年第2回「化学的または生物学的処理によるスラグの機能変化と…
  6. 2021年 高専GEAR5.0 研究ネットワーク共催講演会「高専…
  7. 「ウイルスをシャットアウト 「イオンブラシ」でコーティング」荘内…
  8. 「燃料電池の開発に弾み 鶴岡高専森永研究室NEDOの事業採択受け…
PAGE TOP