兼松特命教授(鈴鹿高専)が「高専教員顕彰文部科学大臣賞」を受賞しました。

兼松特命教授(GEAR 5.0マテリアルユニットリーダー)が、昨年度の小山高専加藤教授(GEAR 5.0マテリアルユニットサブリーダー)に続いて、令和3年4月末に「高専教員顕彰文部科学大臣賞」を受賞しました。さらに、このことがアメリカ合衆国の代表的な国際材料学会 (ASM International)の会報に紹介されました。

https://static.asminternational.org/amp/202104/80/

関連記事

  1. 「ウイルスをシャットアウト 「イオンブラシ」でコーティング」荘内…
  2. 「スラグ新用途開発のための機能とその関連する 材料分析技術の開発…
  3. 「鈴鹿高専内に協働研究室」日刊工業新聞(6月18日)
  4. 「抗菌・抗ウイルス・抗バイオフィルム材料開発セミナー」を開催しま…
  5. 兼松ユニットリーダーがバイオフィルム生成装置紹介動画を作成しまし…
  6. 鈴鹿高専 兼松特命教授が取組む「ウイルス感染を防ぐ新しい材料開発…
  7. 鈴鹿工業高等専門学校兼松教授の研究シーズが経済産業省のYouTu…
  8. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授がアメリカ材料学会からフェローの称号を…
PAGE TOP