大分高専 常安助教が「一般社団法人日本写真学会2021年度論文賞」を受賞しました

大分高専 電気電子工学科 常安助教の研究グループが島状金ナノ粒子の導入によってエレクトロクロミック材料による発消色変化の繰り返し耐久性の向上に成功

大分高専の常安助教ら発消色変化の繰り返し耐久性を向上!|独立行政法人国立高等専門学校機構のプレスリリース (prtimes.jp)

電気電子工学科の常安助教が日本写真学会論文賞を受賞しました! – 大分高専 – 電気電子工学科 (oita-ct.ac.jp)

関連記事

  1. 「全国の高専をまとめた仮想研究所?「GEAR5.0」プロジェクト…
  2. 「鈴鹿高専に産学官の共同研究推進センター 土鍋製造の企業と既に研…
  3. 「GEAR5.0高専の強み どう結集」中日新聞(5月3日)
  4. 鈴鹿高専専攻科生が国際会議「5th STI-Gigaku 202…
  5. 「脱炭素化向け共同研究 鈴鹿高専と万古焼「華月」」伊勢新聞(3月…
  6. 鶴岡高専の専攻科卒業生との共同研究で論文発表しました
  7. 「『光機械製作所』と協働」中日新聞(6月18日)
  8. 鈴鹿高専生の卒業研究がイギリス材料表面処理学会の論文誌に掲載され…
PAGE TOP