GEAR5.0人材育成事業による呉高専専攻科生のインターンシップ報告会を行いました

GEAR5.0人材育成事業も協力する形で、6月13日より鈴鹿高専で実施しておりました呉高専専攻科生のインターンシップの成果報告会が本日実施されました。2名の学生から5日間のインターンシップを通じて習得できた分析スキル、得られた研究成果、今後の課題などが報告され、会場からの質問やコメントに対して活発なディスカッションが行われました。
5日間という短期間ではありましたが、実際に最先端の電子顕微鏡を操作する経験を通じて得られた知見が今後の研究活動に活かされる事を期待しています。

関連記事

  1. GEAR5.0×SHIMADZU 人材育成プログラム 開催!
  2. 広瀬大分県知事の著書で大分高専の水素研究が紹介されました。
  3. 【ライブ配信セミナー】抗菌・抗ウイルス・抗バイオフィルム材料の基…
  4. 小山高専の加藤岳仁准教授が研究支援事業に採択されました
  5. GEAR5.0人材育成授業による呉高専専攻科生のインターンシップ…
  6. 鈴鹿高専 兼松秀行特命教授が「AM&P(Advance…
  7. 大分高専5年生安部紳一郎さんが「優秀ポスター賞」と「優秀編集委員…
  8. 大分高専 常安助教が「一般社団法人日本写真学会2021年度論文賞…
PAGE TOP