地域の皆様
鈴鹿工業高等専門学校 - 創造力豊かな国際社会に通用するエンジニアを育成 > 酵母を探そう

酵母を探そう

環境中からの天然酵母の分離

 大昔から人間は酵母菌(Saccharomyces cerevisiae)を利用して、お酒やパンを作ってきました。

 20世紀になってから、たくさんの種類の酵母が科学的に分離されています。

 自然界には、まだ発見されていないたくさんの酵母が存在しているはずです。

 このたび、鈴鹿高専生物応用化学科では、学生達が、有用な酵母を探し求める「酵母菌捜索隊」を結成しました。まだまだ人数が足りませんので、一緒に活動する隊員を募集することになりました。

隊員の任務

◎花、穀物、果物、土などの、酵母が存在していると思われるサンプルを集める

◎サンプルについた菌を実験室で培養する

◎培養した菌の中から酵母を分離する

◎酵母、カビ、細菌などについて勉強する

◎培養実験を安全に行う方法を学ぶ

日   程
1回目

(8/21、8/22に実施)

・講義

・参加者が採集したサンプルを液体培地に入れる <その後2日間培養>

2回目 寒天培地へ塗布する <その後2日間培養>
3回目 分離する <その後2日間培養>
4回目 顕微鏡観察など

本講座では、株式会社テクノスルガ・ラボと共同開発した「自然環境からの天然酵母採種キット」を使用します。

活動期間

この実験を終了するには4回の参加が必要です。

以下の日から参加可能な日をすべて4日以上選んでください。(※3日しか選ばなくてもお申し込みできますが、4日以上を優先します。)

期 間 平成29年8月21日(月) 、22日(火) 、23日(水) 、24日(木) 、25日(金) 、30日(水) 、31日(木)
時間帯 午後1時30分~午後3時まで

【参加決定方法等】

・参加希望日を集計してから、実験計画を立てます。希望日によっては、実験計画の都合上、ご参加いただけない場合もあります。

・各実験日の間は、菌を培養するため、1日以上空けて実験計画を立てます。

・【21日、23日、25日、30日】または、【21日、23日、25日、31日】に参加できる方を最優先とします。最優先の方が応募多数の場合は抽選とします。

・1回目を開催する予定の21日、22日に参加できる方を優先します。

・培養時間が必要な実験なので、4日選んでも、3回の実験計画になる場合もあります。3回の場合、実験内容(サンプル等)を変更します。

・参加可能日の調整と変更をお願いすることがあります。

隊員の資格

中学生、高校生、小・中学校および高校の先生

募集人数

・参加者の希望日を考慮し、班分けをしたうえで、15人前後または5班編成を予定しております。

・最少催行人数は5人とします。

申し込み方法

参加のお申し込みはこちらから 募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

締切後、応募者全員に、参加可否を通知いたします。参加者には、実験日も通知します。

応募締切

平成29年8月9日(水)午後5時 (※応募者が少ない場合は、再募集を行います。)

参加に当たる事前準備と注意事項

・参加者はサンプリングをして、当日持参してきください。サンプリングの方法はこちらから確認ください。

・実習には消毒用エタノールを使用します。アレルギーのある方は実験前に申し出ください。

・この実験で得られた酵母菌は、有効利用するため、鈴鹿高専のカルチャーリソースといたします。ご了承ください。

・本講座では、保護者の方に見学していただくことはできません。

・初回の参加日に、保険料として、お一人200円を現金で徴収させていただきます。

お問い合わせ先

お問合せ窓口メールアドレス <yeast@chem.suzuka-ct.ac.jp>

 

※個人情報の取り扱いについて
 取得した個人情報は,公開講座関係以外の
 利用や第三者への提供を行ないません。